上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#雨の初日(清明節1)
4月4日(金)午前1時、武夷山市。
ネットで予約した格安ホテルに到着。


…真っ暗なんですけど。

入り口をよく見ると「夜間開門電話」とある。
遅い時間とはいえ、ここまで歓迎ムードゼロのホテルは初めてだ。
送迎の車の運転手が電話を掛け、ようやく開門。
3泊分の宿泊費300元+押金100元を払い、部屋に通される。

…便所臭い。

ベッド2つ+簡易ベッド1つの広い部屋だったが、とにかく便所が臭い。
バス・トイレのドアを閉めても部屋まで臭って来る。ダメだ、耐えられん…。

生まれて初めてホテルの部屋をチェンジした。
ベッドが石のように硬かろうが、窓の向こうが廊下だろうが、
便所臭くないってだけでとても幸せな気分に浸れる。

翌朝。
ホテルを出て、武夷山風景区の3日間フリーパス券を探しに行く。
ホテルや商店が林立するこの一帯「度暇区」は、ひなびた温泉街のような雰囲気。
どこに行けばよいかわからず迷っていると、1台のバイクタクシーを見つけた。

「風景区のチケットが欲しいんですけど…。」
「じゃぁ俺が連れてってやるよ。」

予想通りの展開だ。
チケット売り場で聞いた情報をまとめると、

・風景区(一般に"武夷山"と呼ばれるところ)は、1日2日あれば十分。
・風景区の更に郊外には大きな滝や自然保護区などの景勝地が
 沢山あるので、絶対に行くべし。(各景勝地ごとに入場券の購入が必要。)

必然的に、最初に遠くの景勝地へ行くか/2日目3日目で行くかの2択となる。
結局、初日は郊外の景勝地2箇所を回ることにした。
外は雨。バイクタクシーではちょっと辛いかも…。


スーパーハイテクな屋根を乗っけて、バイクタクシーが帰って来た。
この颯爽としたビジュアル!他に車のあても無いし、喜々として後部に跨る。
スーパーバイクタクシーで、最初の景勝地へ向けていざ出発。
運転手の身体が前方からの雨も防いでくれ、意外と濡れない。
なかなか快適じゃないか。山の景色も雲がいい感じで懸かってて素晴らしい。

…時間が経つにつれ、テンションも下がる。
気温が低い上に風直撃で、身体が冷えるのが一番辛い。

40分後、ようやく一つ目の景勝地「玉龍谷」に到着。
マイナスイオン全開の滝に沿って、長い石段を上る。
入り口と頂上の中間辺りに、ひときわ大きな滝がある。


続いて、次の景勝地「龍川大峡谷」へ。雨が強くなってきた。
「玉龍谷」と同じく、一本の滝に沿って石段をひたすら上る構成。

時間は午後1時。ここで途轍もない空腹感に襲われる。
前日の昼食以降、行きの飛行機で出たピーナッツ以外は何も食べていない。
気力を振り絞って石段を上りきり、重力に身を任せて下りきる。



どローカルなドライブイン食堂、ウィズアウトメニュー。
うちの近所にもある現物メニューの店と同様、肉類の鮮度はイマイチだ。
ここは地で獲れた新鮮な野菜をサッと炒めて食うべし。


大きなシシトウの炒めもの。これが抜群に旨い!
シシトウの爽やかな風味と辛味にみじん切りのニンニクの香り、
そして絶妙の塩加減。白飯がもの凄い勢いで進む。


大きなサトイモの千切り醤油炒め。これも抜群に旨い!
サトイモのホクホクした食感と甘みに、香ばしい醤油の焦げた香り。
日本のサトイモとは多少種類が違うのだろうが、この食べ方は中国ならではだろう。
同じく超高速でメシが進む。

シシトウと合わせて、茶碗3杯の白飯が瞬く間に胃の中へ吸い込まれていった。
最初の食事で、いきなり衝撃的な旨さに出会った。

ここの白飯はパサパサの中国米。
ツヤツヤ・モチモチの日本米よりも、炒めものとの相性は断然良い。


風景区に戻り「ザッツ武夷山」な風景が広がる川岸へ。
明日は必ずイカダに乗ろう。

夕方4時にホテルへ戻ると突然睡魔に襲われ、そのまま2時間ほど爆睡。
久しぶりの運動(石段上り)と長時間のバイク移動で、思いのほか疲れたようだ。
2008.04.08 Tuesday / 旅行-武夷山 / comments(2) / -
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








武夷山に行ったのですか!最初の部屋は難儀でしたね。においは大事ですね。
ところで今度ある本を紹介します。読んで生啤さんのことを思い出したので。
| やすすけ | 2008/04/08 1:05 AM |
やすすけさん、大変お久しぶりです!

その本ってもしかして、小泉武夫の食紀行系ですか?
労働節前に是非飲みましょう。
| 生啤 | 2008/04/08 10:14 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>