上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#09年・旧正月の予定

今年の旧正月を、一体どれだけ待ちわびたことだろう。

労働節が大幅に縮小された昨年以降、中国における
いわゆる「大型連休」は、旧正月と国慶節の年2回のみとなった。

ちなみに昨年は、旧正月・国慶節ともに日本への一時帰国に充てた。
縮小版労働節、昨年から新たに加わった3度の3連休、また北京オリンピックもあり
昨年はショートトリップを大いに満喫したが、一方で大型連休をフルに使った
ロングトラベルには出ることができず、腹の底では少なからぬ欲求不満を感じていた。

国慶節の後、年末年始でまたすぐ日本へ帰ったのも、
すべては明日からの旧正月に照準を合わせるため。

2007年労働節以来の一大スペクタクル!


というわけで、今回の目的地は…



真冬の黒龍江省だ!



旅の計画を打ち明けると、周囲の人間からも大きな反響があった。
純粋に驚かれたり、「あんたも物好きだね」と笑われたり、本気で心配されたり…。

そもそものきっかけは、07年末‐08年始の丹東・瀋陽旅行
想像を遥かに超える寒さにやられ、思うように身動きが取れなかった。
完全に、僕の負け。冬の東北をナメていた。

丹東・瀋陽での最低気温は、およそマイナス15℃。
「リベンジ」を果たすには、これより更に寒い場所に行って帰ってくるしかない。そう考えた。
黒龍江を目指す主な理由の一つは、「寒さとの闘い」である。

明日の朝便でハルピン入りする予定だが、
天気予報によると、明日のハルピンの最低気温はマイナス24℃
「自己ベスト」は明日の晩にでも破られるだろう。予定ではハルピンから
更に北上することになっており、マイナス30℃越えも夢ではない。

もちろん、丹東・瀋陽での教訓を活かし、装備には万全を期している。
ダウンジャケット、目出し帽&フェイスマスク、寒冷地用ブーツ、
腹巻、フリース数着、モモヒキ数着、靴用カイロ…
マイナス30℃に打ち克つため、必要なものには惜しげもなく金を使った。

明後日には、ロシアとの国境の町「黒河」に入る。

「越えてみたいけど、越えられない。」
前回の丹東(北朝鮮との国境)で味わった、あの何とも言えない「いじらしさ」。

…辺境マニアの血が騒ぐ。

これが、黒龍江へ行く二つ目の理由。
ここではロシア土産を大量に購入する予定。異国情緒を存分に味わいたい。

黒河から飛行機で一旦ハルピンへ戻り、電車で再び北上。
目指すは、中国最北端の地「北極村」。
ここでは何と「オーロラ」を見られる可能性がある。
一生に一度は見てみたいものだが、ウェブで調べてみると
オーロラが発生するには様々な難しい条件があるようだ。
ただひたすら、当日オーロラが見られることを祈るしかない。

三たびハルピンに戻ってくるのは、最終日の1日前。
8泊9日の旅行中、ハルピンに泊まるのは最後の1晩だけだが、
氷祭りを筆頭に、趣きあるロシア風建築の数々、
本格的なロシア料理など、ハルピンでの楽しみも尽きない。

実は寒さよりも心配なことが一つある。
それは「電車のチケットが手に入るかどうか」。
上海での大混雑ぶりを耳にする度に、もの凄く不安に駆られる。
黒河へは電車が取れなくても最悪飛行機で行けるかもしれないが、
特に北極村のある「漠河県」には空港がないので、
電車のチケットが買えないと、行く術が絶たれてしまう恐れがある。

まぁ、ここで幾ら気を揉んでも電車に乗れる確率は上がらない。
ダメだったらそのときにどうするか考えよう。
そもそも、過去に自分でも書いている通り、このような
不確定要素・ドキドキ感こそが旅の醍醐味ではないだろうか。

とは言え、命は何よりも大切。
無理が祟って具合を悪くしたら、それこそ負けである。

オーロラの写真をみんなに見せびらかすためにも、必ず生きて帰って来る。

2009.01.24 Saturday / 旅行-黒龍江 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/229
<< NEW | TOP | OLD>>