上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#極寒ツアーの始まり(09旧正月1)

1月24日(土)正午前、ハルピン太平空港。
念願の黒龍江省初上陸。

空港の「着替え室」(という部屋がある)で防寒具一式を装着。
バックパックを抱えて市内行きのリムジンバスに乗り込み、火車站(ハルピン駅)で下りる。

一にも二にも、まずは電車のチケット。
黒河へ行く今夜の夜行列車、その席を一刻も早く確保せねばならない。

切符売り場の行列は想像よりも短かったが、
窓口に尋ねると、寝台席・座席ともに売り切れ。
結局僕が掴んだのは「無座」と書かれたチケットだった。

少々の「立ち乗り」は免れないが、じきに席は空くだろう。
何はともあれ、チケットが無事手に入ってよかった。

ほっと胸を撫で下ろし、さっそくハルピン市街の観光へ。
バックパックを背負い、徒歩で中央大街方面に向かう。

飛行機のアナウンスによると、この日の気温は*マイナス19℃。
さすが黒龍江、噂通りの寒さだ。
しかし、完璧な防寒装備を身に纏った僕にとって、
この程度の寒さは余裕。胴体など、むしろ暑いくらいだ。
*その後の体験から、実際にはマイナス15℃弱ほどだったのではないかと思われる。


来た、ソフィスカヤ教堂!
このネギ坊主に相見える瞬間を、どれほど待ちわびたことか。
威厳あるその姿に、さっそく魅了される。
その脇にある氷の彫刻もまた美しい。


腹が減ったので、中央大街の脇道のローカル食堂へ。
この古びたロシア風建築、いかにもハルピンらしい佇まいだ。

看板メニューの「扒肉」(角煮)を頼み、いつものように
バシバシ写真を撮ろうと、液晶を覗き込んだところ…

真っ白に曇っている。

マイナス19℃から急に暖かい室内に入ったため、
レンズが一気に曇ってしまったのだ。
なるほど、これが黒龍江の寒さってやつか。

カメラを手で握り締めて温めたり、ハンカチで
レンズを拭いたりして、ようやく曇りが取れてきた。


「扒肉」。
じっくり煮込まれた豚の三枚肉。
プルプルの脂身の、とろけるような甘み…メシウマ!
卓上に生ニンニクが置いてあるあたり、何とも東北らしい。
ニンニクを齧りながら食べれば、ただでさえ
半端ないメシウマ度が数倍にもグレードアップする。
食べ歩きの面からも、今回はなかなか幸先の良いスタートだ。


メインストリート・中央大街を北上、「兆麟公園」の氷祭りに向かって歩く。
素晴らしいロシア建築の数々に目を奪われ、所々足を止める。


「兆麟公園」の氷祭り。
あのディズニーとコラボレートしており、
コンセプトとしてはなかなかメルヘンチックな氷祭りだ。

…しかし、昼間に来たせいもあるのか、
その寂れっぷりたるや、筆舌に尽くしがたいものがあった。
何となくどんよりとした空気、この写真からも感じられないだろうか。

場末の遊園地しかり、こういう寂れた雰囲気、実は嫌いではない。
他にいくらでも楽しい娯楽がある今の世において、こういう寂れた場所で
子どもが喜んではしゃいでる姿を見ると、何だか泣けるほど胸が切なくなり、
そしてまるで自分が支配人であるかのような錯覚、喜びを感じてしまうのだ。
そこには、ドラマがある。


黒龍江は日が暮れるのが非常に早い。午後5時15分で、外は既に真っ暗。
ライトアップされたロシア建築は一際美しい。

黒河行き夜行列車「N33」は、午後9時10分発。
出発まではまだかなり時間があるが、乗り遅れたら計画が完全に狂ってしまう。
大事をとって、8時前にハルピン駅へ入る。


有名老舗デパート「秋林公司」で買った、
ハルピン名物のソーセージ「紅腸」。

「…!!」

スモーキーな香りとニンニクの香りが、豚肉の旨味を存分に引き立てている。
実に味わい深い!これは聞きしに勝る逸品である。


ハルピンビール「小麦王」!!
早めに駅に入ったのも、実はソーセージを肴に一杯飲りたかったからだ。
ハルピンビールは上海でも好んで飲んでいるが、「小麦王」は初めて見た。
ここ黒龍江では、大体どこへ行っても「小麦王」。上海でも売ってる、いわゆる
普通のハルピンビール(青×白の缶)は、現地では殆ど見かけることがなかった。
普通のハルピンよりも、若干味が濃い気がする。

ハルピンビール&ソーセージは、まさに究極の組合せ。
発車時間を待ちながら、待合室で一人この上ない至福のひとときを味わう。


発車が近づいてきて、乗客が立ち上がり始めた。
それにしても、もの凄い人数だ。

―乗車案内が始まった。

明朝には、ロシアとの国境の町「黒河」。
大きな期待を胸に、ホームへ続く階段を下りる。

2009.02.02 Monday / 旅行-黒龍江 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/230
<< NEW | TOP | OLD>>