上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#インナーモンゴリア(09国慶節1)

9月28日(月)、フフホト市。内モンゴル自治区初上陸。
今年の国慶節、9連休をフルに使った「ぼうけんのたび」が始まった。

初日の今日は完全に「準備デー」。
まずはフフホト駅で電車のチケットを購入した後、間髪入れずに現地の旅行代理店へ。
今回最大の目玉「大草原ツアー」を満喫するには、情報収集が欠かせない。

2軒回ったところで大体のイメージが掴めてきたが、この2軒で
扱っているのはいずれも1泊2日の草原ツアーor砂漠ツアーだった。

草原は外せないけど、せっかくだから砂漠も見てみたいし、
あとチンギスハン陵にも絶対行きたい。2泊3日で全部回れるような
ツアーがあったらいいんだが、どうやって折り合いをつけようか…。

―気がつけば午後2時。
腹減った…昼飯食べてから考えよう。
ここは内モンゴル、やはり「モンゴル料理」を味わいたい。


フフホトは結構な大都会。だだっ広い道路の脇にビルが立ち並び…
過去に訪れた省都レベルの地方都市と似たようなイメージで、
今のところ歩いてきた限りでは「らしさ」はあまり感じられない。

大通りを外れ脇道に入ると、ちょっとした食堂街が見つかった。
看板に書かれた料理名を1軒1軒丹念に見て回る。

…あった! 「蒙餐」=モンゴル料理。


チンギスハンに大草原…「いかにも」なディスプレイ。
ようやく「内モンゴルへ来た」という実感が沸き上がってきた。

昼だから麺でも食って軽く済ませよう。


まずは内モンゴル名物・奶茶(バター茶)。
これが楽しみで仕方がなかった。

「…!!」

奶茶、うめぇ! 最初の一口で完全に魅了されてしまった。
乳脂肪の濃厚なコクと香りに、ちょっとした塩味が絶妙のアクセント。
これはハマる。


羊肉麺。
きしめんの様な極太麺に白濁スープ。丼から漂うヒツジ独特の香り。
極太麺を箸で持ち上げ、緊張の一口目。

「…!!」

ヤンコツ(羊骨)スープ。
ワイルドな香りを湛えた極上の旨味が口中に広がり…しばし陶酔。
コシのある極太麺の食感もいい。

スープは完飲、その後奶茶をガブ飲み。
モンゴル料理の味わい深さに驚きと感動を覚え、店を後にする。

―30日の宿泊先・如家ホテルの対面にある旅行代理店。

>草原は外せないけど、せっかくだから砂漠も見てみたいし、
>あとチンギスハン陵にも絶対行きたい。2泊3日で全部回れるような
>ツアーがあったらいいんだが、どうやって折り合いをつけようか…。

こんなわがままな希望を一気に叶えてくれるツアーがここにあった。
初日:草原→2日目:砂漠→3日目:チンギスハン陵…まさに希望そのまま。
値段も手頃だし、ほぼこれで決まりだ。


モンゴル文字併記の道路標識。
昼飯以降、旅行気分が一気に盛り上がってきた。


晩飯はフフホト駅の近くにあるモンゴル料理屋で。
夜10時発の夜行列車に乗り、モンゴルとの国境・エレンホトへ移動する。


内モンゴルのビールは冷えてないようなので、今日は青島にしよう。
ラベルのロゴマーク、よく見てみると「TSINGTAO」ではなく「WUYUEFENG」。
五月っぽいが、正確な漢字の綴りは結局わからずじまい。
一応製造元は青島で、味も安めの青島。


奶豆腐。
中国のチーズを一度食べてみたかったので、それっぽい名前の料理を注文。

「…。」

なにこれ?全然味がしない。
本当にただの豆腐なんじゃないか?と思うくらい、
チーズらしいコクや酸味といったものが感じられない。
これが内モンゴルのチーズってやつなのか…。

完全に期待外れ、決して旨いといえる代物ではない。
ただ、だからといって頭ごなしに全否定するのも気が引ける。

この奶豆腐のため、そしてこれを頼んだ自分自身を
正当化するために、魅力的なキャッチコピーを考えてあげよう。

「大草原が生んだ」「素朴な味」。

…ちょっといい感じに思えてきた?


牛の干肉。フフホトの土産屋にほぼ100%置いてある名産品だが、
ビーフジャーキーと違い、焼かないと硬くて食べられないようだ。
レバーのような濃い味。クミンも利いててビールが進む。
時間が経つとカチカチになって本当に食べられない。


羊肉餅。この手の肉餅は中国の割とどこでも見かける。
羊肉ハンバーグ的な味わいで、これもビールが進む。

正直な話、昼間の麺と比べると、ここの料理はイマイチ感動が薄い。
ここは一発逆転を狙わなければ…。メニューを見せてくれ。





酸奶炒米。



ヨーグルトチャーハン?


ヨーグルト麺はネットで見たことがあるが、チャーハンもあるとは…。
一緒に炒めるのか、或いは上からぶっかけるのか…全く想像がつかない。

よし、これで行こう。




「…!?」




酸奶炒米。普通のデザートだった。
そういえば「炒米」っていうツブツブのお菓子みたいなの、どこかで見たことがある。

「ヨーグルトチャーハン」というとんでもない料理を想像していたのだが、
そういうことか。「安堵」と「がっかり」が同時に押し寄せる、複雑な心境。
味は旨いが、炒米の割合が多く、デザートとしてはちょっと重い。

まぁ、今日は初日だし、こんなもんだろう。


―午後10時前、フフホト駅。
待合室は国慶節の帰省客でごった返している。

エレンホトまでの所要時間はおよそ8時間。そして僕のチケットは「無座」。

前回(ハルピン→黒河)のような地獄のロングスタンディングを強いられるのか、
或いは硬座と同等以上の「デラックスシート」(=地面)が手に入るのか…?



改札が始まった。

2009.10.07 Wednesday / 旅行-内蒙古・寧夏 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/272
<< NEW | TOP | OLD>>