上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#理想郷?シャングリラ(10旧正月1)

2月12日(金)。
虹橋発・昆明経由麗江行きのFMで、雲南省初上陸。

「10年・旧正月の予定」などと題して、旅への意気込みやら妄想やらを出発前に
書き連ねるのが毎度恒例のパターンとなっていたが、今回はそんな暇はなかった。

前の晩から出発直前まで一睡もせずに仕事していた。
徹夜で仕事なんて、冴えない新入社員の頃以来である。
ふだん真面目に仕事しないから後でツケが回ってくるのだ。
もちろん機内では涎垂らして大爆睡。

寝ぼけ頭で麗江バスターミナルへ向かい、香格里拉行きのバスチケットを求める。
初日は麗江の観光はせず、完全に香格里拉への移動日と決め込んでいる。

ところが、無愛想な従業員曰く。



「香格里拉行き?出ないわよ、春節だもの。



マジかよ…orz

旧暦元旦(14日)の2日前ならまだ大丈夫かと思っていたが…
徹夜仕事と移動で衰弱しきった身体には一層堪える。

残る移動手段は、バスターミナル周辺にたむろしている
タクシーか、或いは面包車(乗り合いのワゴン)か。

最初に声を掛けてきた乗り合いワゴンに値段を訊いてみると、
1台450元(MAX7人?乗り・何人乗っても合計450元)。
やっぱり1人では到底割に合わない。

では、タクシーはどうか。

700-800元? ワゴンより高いの?


もう香格里拉行きは諦めようか。
ホテルのキャンセルだけは面倒そうだが、支出を最小限に抑えられる上、見所の多い
麗江により多くの時間を充てることもできる。最もクレバーな選択と言えるだろう。


―いや、それはダメだ。



理想郷・シャングリラ。
この機を逃したら、生涯足を踏み入れることができないかもしれない。




…おばちゃん、出発だ。
午後4時。腹を括って450元の相乗りワゴンに一人乗り。

いるかどうかもわからない相乗り客をボーッと待ってる時間的猶予はない。
また、僕は元々値切り交渉が苦手な上、特にこの局面は僕の方が明らかに弱い立場にある。
僕の力量では値切れてもせいぜい数10元が関の山だろう。たかだか数10元のために
グズグズとネゴするくらいなら、最初から言い値で乗った方がマシだと考えてしまう。

年季の入ったワゴン。途中で旦那さんを乗せ、いざ香格里拉へ。
いわゆる高速道路はなく、山あいの道をウネウネと北上する。

麗江は上海よりもかなり暖かく、陽射しが気持ちいい。
真ん中の2人席に仰向けに横たわると、すぐさま深い眠りへ…。


午後8時、香格里拉到着。
麗江からの所要時間およそ4時間のうち、7割方は寝ていた。
ホテルの前にバスターミナルへ立ち寄ったが、既に閉まっている。

―ホテルで一息入れ、晩飯を食いに出かける。

現地に来てみて初めてわかったことだが、この辺では「ヤク」を食べるらしい。
ヤクって、あの牛みたいな動物。中国語で「マオ牛」。(マオ=毛へん+牛)

というわけで、初日の夜は、香格里拉名物「ヤク鍋」の店へ。
大亀山公園の付近にある、ゲストハウス併設の食堂だ。


旅先で薬酒を飲むのが大好きで仕方がない。
おばちゃん、これ1杯くれ。


「ぐおぉ…!!」

こいつは効くぜ。

予想よりも薬の味が薄く、白酒のアルコール味がより強く感じられる。
ただ、度数はそれほど高くなさそうだ。38度くらいだろうか。


大理ビール!
なるほどね、雲南では大理がメジャーってわけか。
常温だが、雲南でも北部の香格里拉は結構寒いので許せる範囲。
これは恐らく低価格帯ビールの部類だろう。そんな味がする。


ヤク鍋、来た!
ヤクの肉と大根が入ったベースのスープに、野菜など好きな具を追加で入れる。

お椀に取り分け、薬味の唐辛子を振りかけて味わう。


「…!!」

ヤク、旨い。
これまで味わったことのない、独特の獣臭。
脂身たっぷりの肉の塊をグニュグニュと噛み締めると、
濃厚な旨味と脂の甘みが溢れ出る。

ビールもう一本!

ベースの味付けは、醤油と八角。
この八角が実にいい感じで利いていて、野性味溢れるヤクの香りと見事に調和している。
スープの表面にはヤクの脂の膜が数ミリ浮かんでおり、かなり「こってり」した味わい。

貴重な体験に大満足。旅行気分が加速度的に盛り上がってきた。

-----------------------------------------------------------------------
2月13日(土)、香格里拉。

悪性の二日酔いと胃もたれで、あまり気分が良くない。
原因は、あの薬酒だろう。あまり良くない酒を使っているに違いない。

朝ホテルを出て最初に向かったのは、バスターミナル。
麗江へ帰るバスのチケットを買うためだが、唯一の便は午前9時半発。

あと30分しかないじゃないか。

早々と諦め、バスターミナルからタクシーに乗って観光へ出かける。


チベット寺院・松賛林寺(周辺)。秘境の香り溢れる集落。

中に入ってみよう。
タクシーは麗江までの「1日契約」。
バックパックはトランクの中に置きっぱなしでOKだ。


階段を上り、本堂へ。

―階段を上りきると、すぐそこに「チベット仏教グッズショップ」が立っていた。


レアアイテム「チベットの首飾り」ゲット!
様々な災いから身を守ってくれそうだ。

敷地内をゆっくり歩きながら、
チベット僧たちの質素な暮らしぶりを垣間見る。

悟りを開けばそこは理想郷…というわけか。

―松賛林寺を出て、大亀山公園へ。


巨大マニ車。
その場に居合わせた3-4人の家族連れと力を合わせて
この巨大マニ車を回そうと試みたが、全然ビクともしない。


独克宗古城。
春節のせいか、多くの店が閉まっており、人影もまばら。

ここで昼飯を食べたら香格里拉を出よう。
古城内にあるチベット食堂に入る。

「…!!」

これは…


松茸酒!
キノコの王様・松茸のエキスが凝縮された酒。
さぞかし美味いに違いない。


「…!?」


日本で食べる松茸の、あの芳しい香りをイメージしていたのだが…
そんな上手いこといくわけないか。酒の香りがキツい。


干し松茸炒め。
日本人は松茸に本当に目がない。

キノコの王様・松茸を中国では干して食べるのか。
さぞかし旨味が凝縮されてて旨いに違いない。

「…。」

悪くはない。悪くはないんだけど…。
今目の前にある干し松茸炒めの味と、心に抱いている
松茸のイメージとの埋まらないギャップに思い悩む。
松茸の香りのいい部分が失われ、よくない部分が強調されているような気がする。


―タクシードライバーのおばちゃんから電話が掛かってきた。

「あんた、まだご飯食べてるの?」

もうすぐ出るからちょっと待っててくれ。

-----------------------------------------------------------------
街なかの車を掴まえて乗るのは非常にリスクを伴う行為である。
下手したら変なところに連れてかれてしまいかねない。その中で今回
行き帰りともに愛想のいいおばちゃんドライバーに当たったのは幸運だった。

行きのワゴンが450元で、帰りのタクシーが600元。
99元の飛行機が空を飛ぶ今の時代、4時間の車移動に払う金額としては
確かに馬鹿げているかもしれないが、この程度の金を惜しんで
訪問を取り止めていたら、一生後悔が付きまとったに違いない。

上述の松茸ではないが、正直な話、僕の目に映った
香格里拉という街は「理想郷」のイメージとはだいぶ違った。
何だか寒々しくて…。

帰りのタクシーのおばちゃんによると、7-8月頃が草木も青々としてて最もいい時期だという。
夏場に訪れれば、文字通りの「理想郷」が広がっているのかもしれない。

2010.02.23 Tuesday / 旅行-雲南 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/305
<< NEW | TOP | OLD>>