上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#黄果樹の自然美(10清明節4)

4月4日(日)、貴州省安順市。貴陽から1日ツアーに参加中。
昼食の後、アジア最大の滝・黄果樹瀑布を擁する黄果樹風景区へ入る。

滝の前に「天星橋景区」という風景スポットへ。


生い茂る緑と美しい形の岩。箱庭的な景観美に心癒される。
この辺は飛び石の上を歩きながら回るのだが、一つ一つの飛び石に
1月1日~12月31日の日付が1日ずつ刻まれている。通称「数日歩」。


髪を巻く布が左右に大きく突き出しているおばあちゃん。
この自然な態度と地味な色使いは、本物の「素朴な少数民族」の姿と言えるだろう。
ピーナッツや果物をカゴに入れ、敷地内のあちこちで観光客へ売ろうと待ち構えている。

―更に奥へ進み、「美女榕」へ。

現地ガイドの説明によると、目の前にある木の根っこは
「女性が逆さに吊るされている」ように見えるという。

って、本当かよ…。



「…!!」


本当だ。
足腰の曲線、上から下へバンザイしてる両腕…木の枝から
逆さに吊るされている女性そのものではないか。これは奇観。


―天星橋景区を出て、バスで黄果樹瀑布へ。

干ばつ影響で水が少なくなっています。ご理解下さい。」
入口にはこんな注意書きがあった。要は「がっかりしないでね」ってことか。
しかし、入口まで来てそんなこと言われても、受け入れるしかないだろう。

滝つぼへ繋がる道へ行くため、まずエスカレーターに乗る。


めちゃくちゃ長いな。
この先にもう1本同じ長さのエスカレーターがある。

エスカレーターを下り、山道をしばらく歩いて、ついに滝つぼへ到着。



アジア最大の滝・黄果樹瀑布。高さ77メートル。
正直「アジア最大」という枕詞の割には大したことない大きさである。
(とは聞いていたが、ナイアガラクラスの巨大な滝のイメージが最後まで抜け切れなかった。)
入口の注意書きの効果か、水の量についてはまったく気にならなかった。

まぁでも、大きさ云々に関わらず、滝っていいよね。
マイナスイオンを全身に浴びながら、しばしその場に立ち尽くす。


流れ落ちる滝を裏側から覗けるのがここの最大の特徴。
水しぶきを浴びながら、流れ落ちる水を食い入るように眺める。
自然って素晴らしい。


デスクトップの壁紙用に中央からの遠巻きアングルで。
僕のPC(バイオ)だと横に伸びてしまうのが難点。


エスカレーターを上り、盆栽園を鑑賞。
美しく手入れされた盆栽の一つ一つを眺めて回りながら、ひとり感慨に耽る。

盆栽って、いいなぁ。
小さい頃はお年寄りが盆栽を愛でる意味がまったく理解できなかったが、
今はよくわかる。29歳と半年にして早くも「ジジイ」と化してしまった。
暇があったらやってみたいと真面目に思う。

―そろそろ出発の時間だ。バスの駐車場に向かって歩き始める。








「パパ〜。」





…まさか!





…4人の母親の凍りつくような視線に耐えられず、逃げるようにその場を立ち去った。

2010.04.10 Saturday / 旅行-貴州 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/320
<< NEW | TOP | OLD>>