上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#春の天ぷら三昧(10労働節1)

4月30日(金)、岐阜県中津川市。

万博開幕の影響で会社の連休が3連休から5連休へ伸びた
のを機に、今年の労働節は日本へ一時帰国することにした。
フライトはCA。上海を起点にすると日系の中部便は行きが遅く
帰りが早いため、中国系の方が時間の面でも効率的である。

今夜の晩御飯は、天ぷら。
天ぷら自体は上海の日本料理屋でいくらでも食べられるが、やはり
我が家の天ぷらは全く別物。揚げる前の食材を見ただけで胸騒ぎがする。


見慣れぬ山菜の正体は、こんてつ。
「タラの芽よりもアクが強くて旨いんやに。」
さも昔からあったかのような口ぶりで得意げに話す母親だが、
こんてつなんていう山菜は見たこともなければ聞いたこともない。

それはさておき、楽しみではないか。こんてつ。


高温の油でカラッと揚げる。
鍋から立ち上るごま油の香ばしい香り…鼻の穴を大きく広げて思いっきり息を吸い込む。
(我が家の天ぷら油はサラダ油ベースで、香りづけにごま油を少量加えている。)

―こんてつが揚がったところで乾杯。一家団欒のひと時が始まる。


ビールはプレミアムモルツ。
麦芽とホップの芳しい香り。これが我が家の
天ぷらと出会った日には…大変なことになりそうだ。


揚げたてのこんてつを箸でつまみ、天つゆにつけて食べる。

「…!!」

こんてつ、旨い。爽やかな香りとエグみ。
噂通り味はタラの芽に近く、苦味がやや強い。これはなかなかオツな味わいだ。
もちろんビールとの相性も言うことなし。

―その後別のネタが続々と揚げ上がり、母親が菜箸を使って
揚げたての天ぷらを大皿の中へどんどん放り込んでゆく。


次に食べたのは、大葉。天ぷらの王道である。
大葉を食べると上海で食べる天ぷらとの違いが最も顕著に感じられる。

何が一番違うのか? ―が違う。

我が家の天ぷらは真新しいサラダ油を使っているので、サクッと軽い揚げ上がり。


続いて、ヨモギ。
近所の裏山から採ってきた
という、正真正銘「地の野菜」である。


「…!!」


サクリと小気味いい衣の食感の直後、ヨモギの爽やかな香りと油のコクが口に広がる。
カツオダシが利いた天つゆの濃い目の醤油味がその旨味を一層引き立て、
大根おろしが全体の味をぐっと引き締める。

…眼を閉じてじっくりと味わい、プレミアムモルツをグイッと呷る。
日本に生まれた幸せ、岐阜の山奥で育った喜びが心の底から沸き上がる。
この日最高の天ぷらは、このヨモギだった。


王道その2、かき揚げ。
タマネギの甘味とサクラエビの香ばしい香り。
子供の頃から天ぷらといえばかき揚げ。えび天よりも明らかにかき揚げの方が好きだ。
家計にも好都合である。

―久しぶりに濃いビールを飲んだものだから、一気に酔いが回ってきた。
帰国初日はこうして至福のうちに終了した。

---------------------------------------------------------------
5月1日(土)。
この日は祖父母を連れて昼食を食べに行き
2人を家まで送った後、一人で買い物に出かける。
車は例によって祖父のカローラ(もみじマークつき)。

―夕方に帰宅。エイデンで買ったドラクエモンスターズ
最新作(ジョーカー2)をやっているうちに、夕飯の時間になる。


いもサラ。
過去にも書いたことがあるが、我が家ではポテトサラダのことを「いもサラ」と呼ぶ。
イモは完全に潰さないである程度形を残してある。そして無くてはならないのが、お酢。
お酢をビタビタ掛けて食べるのが我が家の流儀である(祖父母は除く)。
酸味、最高! 外の飲み屋でポテトサラダが出てきたときもついお酢が欲しくなってしまう。

―プレミアムモルツが空いたところで、別のプレミアムビールを試し飲み。


アサヒ・ザ・マスター。
プレミアムモルツよりも落ち着いた、或いは重い感じがする。
ホップよりも麦の香りが強い?


シルクエビス。
プレミアムモルツよりも軽い口当たり。
「絹のように、なめらかな口当たり」。
何となく言わんとしていることはわかる。

―翌日は朝から家族旅行。
居間で下調べをしていると、心地よい眠気が襲ってきた。

2010.05.04 Tuesday / 日本 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/324
<< NEW | TOP | OLD>>