上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#夜のパビリオン(万博2回目3)

5月30日(日)、上海万博。
スリランカ館を出ると、外はどっぷり日が暮れていた。

スリランカ館の近くに、雰囲気のある佇まいのパビリオンを発見。


ネパール館。なるほどね。


ネパール館のメインの建物は、らせん状の通路が懸かる近未来的なデザイン。
上海っ子さん曰く「ディズニーシーに似てる」。
へぇー、ディズニーシーってこんなんなんだ。(←未体験)


ニュージーランド館。
同国が持つ開放的なイメージを前面にアピールしていた。
ニュージーランドならストレスとは無縁の生活が送れそうだ…。


マレーシア館。
東南アジアの中でも比較的イメージが沸く国であることと、
やや疲れてきたせいもあり、二階の展示スペースには上らずに軽く見て回る。


インドネシア館。
意外とデカい。正直、コンテンツよりもサイズの方に驚いた。
入口付近にはインドネシア料理のレストランがあり、客は旨そうにナシゴレンを食っていた。
オープンスペースだし、メシを食う場所としてはここもいいかもしれない。


ブルネイ・ダルサラーム館。
普段あまり接点がない国に触れられるのが万博の醍醐味と言えるだろう。


フィリピン館。
イメージ通り(?)ハデハデな外観。
中国でよく見かけるスナック菓子の「Oishi(上好佳)」
フィリピンのブランドで、ここでも「Oishi」の菓子が売られていた。


タイ館。
タイは僕にとって数少ない「実際に行ったことがある国」の一つである。
可愛らしいタイ語訛りを利かせたお姉さんの喋り声(中国語)は印象的だったが、
イメージ映像はそれほど面白くない。あぁ、久しぶりにタイ行きたいなぁ…。

―時間は午後9時半を経過。徐々に閉館するパビリオンも見え始めてきた。

こんな時間でもまだ行列ができているポルトガル館を尻目に、開いてるパビリオンを駆け足で探す。


フィンランド館。
あまりいいアングルではないが、正面撮りにこだわっている時間はない。
早く入らないと閉まってしまう。中はすり鉢状になってて不思議なデザイン。


サウナ。
フィンランドと聞いてまず思い浮かぶのは、サウナ。
(コマ劇のあそこで一回寝泊りしたなぁ…すげぇ酔っ払って。)
期待通りここにもサウナの紹介があった。死ぬ前に一度本場のサウナを体験してみたい。

フィンランド館を出た時点で、午後9時55分。
あと1箇所行けるかどうか…どこへ行く?


―中国人の若い姉ちゃんがオーストラリア館の呼び込みをしている。

「オーストラリア館、今なら並ばずに入れますよー」
「昼間だったら3時間待ちですよー(笑)」

(笑)が少々気に食わないが、冷静に考えるとここがベストだ。


オーストラリア館。
オージービーフバーガーみたいなファストフードが充実してて、この時間でもやっていた。
凝ったセットのスクリーンで見るイメージ映像は見ている間に眠くなってくる。
個人的にはニュージーランド館の方が印象がいい。

---------------------------------------------------------
グルメ=飲み。ショッピング=衝動買い。
2回目の訪問で万博の楽しみ方が掴めてきたような気がする。

3回目は早ければ今週日曜日を予定している。

2010.06.01 Tuesday / 上海万博 / comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/332
<< NEW | TOP | OLD>>