上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#プラハの恋/マドリードのベランダ(万博5回目1)

6月16日(水)、端午節。
今年の端午節は12・13(土日)出勤で14~16が3連休という
会社が多かったようだが、うちの会社は水曜のみの単休だった。

今の僕にとって、単休を使って行く場所と言ったら万博しかない。

前回同様に西蔵南路のチケット売り場で夜券を購入し、3号門から入場。
ゲートを潜った瞬間の時刻は午後4時35分と、フライングレコードも更新。
取り決めは5時以降だが、少なくとも4時半くらいなら楽勝で入れるようだ。


ケース連合館4-1。
やはり最大の注目は大阪とパリだろう。
日本館やフランス館に入ろうと思ったら何時間待たなければならないことか。

ビルバオ(スペイン)、大阪、パリの順に訪問。

ちなみに大阪は入社して最初の配属先で、2年3ヶ月住んでいた。

アピール上手な人が多い大阪のことだから、パビリオンも相当期待していたのだが、
四角い部屋でプロジェクターの映像を見せられる、ほぼそれだけで「あんまおもろなかった」。
大阪に限らず、映像がメインのパビリオンは大抵飽きる。

下町の銭湯でひとっ風呂浴びた後に串カツ屋で一杯、
みたいな「どローカル大阪」を世界にアピールしてほしかった。
(銭湯巡りは本当楽しかったなぁ…。)


プラハ館。
奥の方から赤ワインソースとバターが入り混じったような西洋料理の匂いが漂ってくる。
ここは「飲める」かも!はやる気持ちを抑えつつ、まずは早足で橋を上り下りする。


カフェレストラン「プラハの恋」。
いいねぇ。しかも生ビールまで置いてある。

…思い出した!

そういえば、チェコは一人当たりのビール消費量世界一の国ではないか。
こいつは期待できる。どんな旨いビールを飲んでいるんだろう…。


プジェヨビツキー・ブドヴァル!
なみなみと注がれた黄金色の液体。「世界一」の味、心して頂こう。



「…!!!」



衝撃的な旨さ。この芳しいホップの香りは何だ。
あまりに旨くて飲み込むのも惜しい。舌で転がしながらゆっくりと味わう。


―相席した中国人のおじさんは黒ビールを飲んでいた。

すいません。このビール、ちょっと飲んでみますか?

声を掛けたのは僕の方だった。
つまり、自分のビールと交換で黒ビールを少し味わってみたかったのだ。

どちらかというと黒よりも黄色いビールの方が好きだし、夜は別の場所で
思いっきり飲もうと思っていたため、ここで黒を丸ごと1杯頼むのはためらわれる。
考え抜いた末、勇気を出して見ず知らずのおじさんに声を掛けたのである。

ところが、おじさんに遠慮されて思いっきり作戦失敗(笑)。
でもその後おじさんの家族も交えて他愛もない世間話ができたのは楽しかった。
プラハ館でチェコビールを片手に上海人と交流…ザッツ上海万博なひとときである。

―実はもう一つ気になる酒があった。


ホットワイン。
ワインを温めて飲む国があるとは驚いた。シナモンの香りが鼻腔を刺激する。

恐る恐る、最初の一口を啜る。


「…ぐえ。」


一言でいうと、漢方薬。ワイン+熱+シナモン=漢方薬である。
僕は小さい頃アトピーがひどく、様々な薬や治療法を試していて、
一時期は漢方薬を飲んでいた。そんな苦い思い出が蘇る味だ。

軽い義務感に駆られながら何とか完飲。僕の中では完全に「珍酒」である。

ともあれ、ここでは素晴らしいビールを味わうことができた。
記念に何か買っていこう。


プラハの警官マグネット。
可愛らしさの裏に少しだけダークな要素を感じるのは気のせいだろうか。
冷蔵庫のドアにくっつければヨーロピアンな雰囲気に。

―その後はケース連合館4(ブレーメンやモントリオールなど)、
上海ケース館を訪問、そしてこの日最後のケース館へ。
外ではクラシックバンドがライブ演奏をやっている。


マドリード館。
ケース館エリアは比較的メジャーな都市でも並ばずに入れるのが嬉しい。
洗練された建築デザインを紹介した展示物を見て回る。


館内のレストランはガラガラ。
ここでスペインワインを1杯飲んだら浦東側へ移動しよう。


アルトザーノ・テンプラニーリョ(赤 2008年)。
「赤ワインくれ」と言ったらこいつが出てきた。
※「テンプラニーリョ」とか、知ったかぶりしてカタカナで書いちゃってるが、
今調べてみるまでこれがブドウの品種だということも知らなかった。

ガラガラの店内に一人ちょこんと座るのはあまりに寂しいので、ベランダ席へ出る。

―マドリードに、乾杯。


ナルシスト再び。

軽い飲み口で酸味が強い。
しかしベランダでワインっていいねぇ。開放感がある。


マオウビール!スペインビール初体験。
外へ出ようと思った矢先にビールがあるのを発見し、慌てて注文した。
さっきプラハ館で超濃厚&超芳醇な生ビールを飲んだばかり、またワインを
飲んだ直後でもあるので、ただでさえライトなビールがよけいライトに感じる。

ちょうどいい感じにアルコールが回ってきたところで、ベランダから出る。


フラメンコのダンサーと遭遇!
完璧なポージング。いいねぇ、情熱の国・スペイン。

今夜はまだまだ飲むぞ!ここからが本番だ。
酒臭い息を撒きながら、浦東側へ行くバスに乗り込む。

2010.06.17 Thursday / 上海万博 / comments(8) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2010.10.11 Monday / - / - / -
Comment








あ、そのマグネットもいいな〜ナイスダークですね
E地区おもしろいですよね
イタリアの縦長住宅が面白いと聞きましたが行きましたか?
| 枝 | 2010/06/18 2:42 AM |
枝さん

ナイスダークありがとうございます。

前半はケース館、後半は国家PV(浦東)
というのが最近の王道パターンですね。
1日かけて回りたい衝動にも駆られますが、
何度も来るので敢えてちょっとずつ回っています。

イタリアの縦長住宅はまだですが、次回トライしたいと思います。
そこでもベランダワインしてみたいです(笑)。
| 生啤 | 2010/06/18 10:46 PM |
浦東のマルタ館のビールが苦かったです。
マルタ名物という炭酸の飲み物も苦かったです。ぜひ。
| 枝 | 2010/06/19 1:04 AM |
貴重な情報ありがとうございます!

マルタはヨーロッパ連合館ですね。
明日も訪問予定ですが、川渡ったらまず行ってみます!
| 生啤 | 2010/06/19 9:34 AM |
どうも!
この間、新疆旅行のところにちょこっと書き込みしたものです。

万博の楽しまれ方が豪快でいいですね〜
酒飲めないのが残念に感じてしまいます。
スリランカ館はまだ行ってないので今度行ってみたくなりました。
西側のケースの方もまだなんですが、
レストランなんかもあるとは意外にあなどれないですね。

新疆の影響でカザフとウズベクにも行かなければ…と思ってますが
この前もなぜか異常に人が多かったので入れるかどうか心配です。
ちっちゃいけど連合館のタジクあたりも個人的には好きでした!
| lobaktau | 2010/06/19 6:51 PM |
lobaktauさん

コメントありがとうございます!
いまサッカー観戦&飲みから帰ってきました。
飲みすぎてフラフラです…。

前回行った印象では、
カザフは混みすぎですがウズベクは割と手薄です。

ウズベク行かれたら是非焼き鳥を食べてみてください。
やる気のない見た目の割に味は最高です!
| 生啤 | 2010/06/20 3:47 AM |
カザフ、ウズベク行ってきました。
焼き鳥おいしかったです!
僕もこれから万博通いそうです。
| lobaktau | 2010/06/21 3:55 AM |
lobaktauさん

ブログ拝見しました!超ハイセンスで驚きました。

そして昨日は僕も万博行ってました。
昨日はケース館とヨーロッパエリアへ行ってました。
(最近どうもヨーロッパづいてます。)

今後も是非万博通ってください!次回更新楽しみにしています。
| 生啤 | 2010/06/21 11:13 PM |
Trackback
Trackback URL: http://asablo202y.jugem.jp/trackback/339
<< NEW | TOP | OLD>>