上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#インスタントジャンキー(葱油拌面)
会社の昼飯は、ご飯の量が多い。

今日もあまり腹が減っていないので、
休日に買った「インスタント焼そば」で済ませる。


康師傳「食面八方・葱油拌面」

中国には「麺をネギ油とタレで和えただけ」
という、究極にシンプルな麺がある。
それをインスタントで再現したもの。
「康師傳」は、台湾系の総合食品メーカー。
即席麺では中国国内シェア約40%と圧倒的。

作り方は日本の焼そばと全く同じ。
中を開けると、麺・具・ソース・お好み調味料・そして割り箸。
中国のインスタント麺には、小さいフォークか割り箸が必ず付いている。

適当な頃合いを見計らってお湯を切り、一気にソースを混ぜる。


ネギ油の香ばしい香りが鼻を刺激する。

ネギ油と醤油ベースの何とも香ばしいソースが、
湯切りのタイミングも絶妙な麺によくなじむ。

「葱油拌面」をインスタントにしたセンスは、かなり冴えてる。

リアル焼そばとインスタントの最大の違いは、
「実際に炒めるか炒めないか」と「生麺かフライ麺か」。
葱油拌面は元が炒めないで和えるだけの料理なので、
リアルとインスタントの間に差は生まれない。
また、元の料理には少し足りない「ボリューム」を
フライ麺の油分が補っていて、ある意味では
インスタントがリアルを凌駕していると言えなくもない。

久しく食べてない「リアル葱油拌面」の再食が、直近の課題となった。
2006.09.01 Friday / 食料品・自炊 / comments(0) / trackbacks(0)
#マイクロウェーブ中華(魚香肉絲飯)
最近、やたら忙しい。
2週間前から一気に仕事が増え、一時的にキャパオーバーな状況。
中国人スタッフからも毎日煽られっぱなし…。

今日の晩飯は家で簡単に済ませる。
日本ではお馴染みの、レンジで温めるだけのご飯。
「楽恵」という上海のメーカーが、中華のレンジ飯を出している。


「楽恵・魚香肉絲飯」
何種類かまとめ買いした中で、最もオーソドックスな魚香肉絲飯を。
レトルトのご飯に「魚香肉絲」をかけてレンジの中へ。
作り方の細かい説明書きがないのがちょっと辛い。
強火(750W)で1分という記述もあったが、心配なので2分かける。

2分後、手で長く持てないほどチンチンに。
「チンチン」=中部地方の言葉で「アツアツ」。
火傷しそうなくらい熱いものは、みんな「チンチン」。

しばらく冷ましてから食べる。匂いは割といけてる。


ご飯の「炊け具合」は丁度いい。やはり1分じゃ無理だろう。
魚香肉絲の具はかなり寂しい。ほぼ「タレ」状態。
それでも味はまずまずで、酢が利いててなかなかいい感じ。

時折唐辛子の混じった、酸味のある「タレ」。
学生時代にたまに食べた「焼肉のタレご飯」を思い出す。
エバラをご飯にぶっかけるだけ、究極の貧乏メニュー。
あれ、異様に旨かったなぁ…。
2006.09.12 Tuesday / 食料品・自炊 / comments(0) / trackbacks(0)
<< | 2/12 | >>