上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#重慶タイムトラベル(国慶節旅行記2)
10月1日、重慶2日目。

10時半にホテルを出発、目的地は特にない。軽く朝メシでも食うか。
解放碑方面へと続く、険しい上り坂を歩き始める。

重慶という街は本当に坂道だらけで、チャリンコは殆ど見当たらない。
その代わり、太い竹筒を持ったおっさんが至るところにいる。
彼らは重い荷物を竹筒に吊るして、急な坂を上り下りする「運び屋さん」。
その竹筒から通称「棒棒隊」と呼ばれ、重慶に20万人もいるという。

台湾ソーセージをつまんだ後、小さい食堂が並ぶエリアへ。
青空食堂で旨そうにメシを食う客、威勢のいいおばちゃんの
脇を通り過ぎ、一番先の方にある麺屋に入る。


「麻辣小面」。具は麺と一緒のお湯で茹でた菜っ葉のみ。
細くてヤワい麺に絡みつく麻辣ダレの辛味は「中辛」レベル。
化学調味料がかなり大量に入ってて、それで舌が痺れる感じ。
体に悪そうなこの味付け、個人的には大好きだ。
やはり、「美味しさ」と「不健康さ」は正の相関関係にある。

坂を更に上ると、衣服の店が並ぶエリアへ。
あのへんてこなマシーンの正体は何だろう…。


きなこもちマシーン! 生まれてないけど「昭和30年代」な雰囲気。
丸いタンクの中にモチが入ってて、おじさんがレバーをくるくる回すと
きなこ目がけて2つの穴からモチがウニョウニョっと出てくる。
まさに画期的、中国の頭脳が生んだハイテクノロジーの結晶。


これ、モチじゃなくて、ちっちゃい「おはぎ」だ。きなこ味のおはぎ。

「懐かしい…。」重慶にいながら、僕の頭は完全に
岐阜県の実家、小学生の夏にタイムスリップした。
のどかな田園風景、土の匂い、カエルとセミの鳴き声。
おじいちゃんとおばあちゃん、元気かなぁ…。
しばしセンチメンタルな気分に浸る。

このおはぎ、意外とボリュームがあって腹にたまる。
軽く朝メシのつもりが、気がつけば満腹状態。
目的地未だ決まらず、同じ方向へ再び坂を上り始める。
2006.10.14 Saturday / 旅行-三峡下り / comments(0) / trackbacks(0)
#重慶フットボールマニア(国慶節旅行記3)
おはぎを食った後は、ロープウェイで対岸に行ったり
カフェでブラックのアイスコーヒーを頼んだら
間違って超甘い「コーヒー牛乳」が出て来たり、
街の発展を題材にした博物館に行ったりして過ごした。

夜はサッカー「中国プレミアリーグ(中超聯賽)」観戦。
地元チーム「重慶力帆」が、強豪「上海申花」を迎え撃つ。
因みに、行きの飛行機は申花の選手と同じ便だった。
全15チーム中、今シーズン断トツ最下位の「重慶力帆」は
今日負けるとプレミアリーグ脱落が確定する。(申花は4位)
情けなくも重要な試合。

タクシーで会場へ。これが「プレミアリーグ」決戦の舞台…。


あの立派なオリンピックスタジアムは使えないんだろうか。
(たぶん、高いから無理なんだろう。)
15元で「プラチナチケット」を買い、脇のゲートから中に入る。
翌日の新聞によると、この日の入場者数は計2,000人。
埃の被った席に座り、中南海を吸いながら試合開始を待つ。

両チームの選手入場。「力帆、加油!」盛り上がってきた。
国歌斉唱が終わり、いよいよキックオフ。

開始数分、申花の信じられないクリアミスを力帆が見事ゴールへ押し込む。
「おぉぉぉ!!」2,000人の大歓声。いい滑り出しじゃないか。頑張れ、力帆。

…と思って、電光掲示板に目を移すと「1-1」。
ちょっと目を離した隙に先制されてたらしい。ダメじゃん。

全体的に申花がボールを支配する展開。
前半終わって2-1、力帆1点のビハインド。


後半突入後はしばらく拮抗が続く。
申花のラフプレーには、容赦ないブーイング。「紅卡!紅卡!」
ところが、ある時点を境に集中力が途切れたのか、
力帆は立て続けにゴールを決められる。
終わってみれば5-2で完敗。まさに力の差。


「心若在 夢就在 譲我們从頭再来!」
何となく雰囲気はわかるが、正確な意味はわからん。
この横断幕、予め用意されてたと思うと何だか哀愁を感じる。

日本にいた頃を入れても、プロサッカーの試合を見たのはこの日が初めて。
ワールドカップ以外は日本代表戦すら見ない、
完全に野球派の僕だが、サッカーもなかなか面白い。

朝のおはぎから何も食べてないので、腹が減ってきた。
今夜はガツッと火鍋でも食おう。
2006.10.14 Saturday / 旅行-三峡下り / comments(0) / trackbacks(0)
<< | 2/6 | >>