上海朝風呂集団有限公司

| RECENT | CATEGORY | ARCHIVES | PROFILE | LINK | RECOMMEND |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.11 Monday / - / - / -
#インスタントジャンキー(四川火鍋味面)
先週の土曜はクラブへ。
途中知り合いと出会ったりして、最後の店を出たのが翌朝5時半。
日曜は追加料金を払い、夕方5時過ぎまでサウナの休憩室でぐったり。
上海赴任以来最大の泥酔。月曜になってもまだ内臓の具合が悪く
学生時代以来、久しぶりに「3日酔い」ってやつを味わった。
---------------------------------------------------------------
今日は大人しく家で過ごす。
寮の食堂から青島ビールをひっこ抜き、自分の部屋へ戻る。


「UFO(飛碟炒面)・四川火鍋味面」(日清)
日清もすっかり中国に根付いてる。これは5年ほど前に
一度食べたことがあるが、正直あまりいい印象は無い。ただ
本場の重慶火鍋と(あまり意味の無い)比較をしてみたいので、
久しぶりに食べてみる。


開けた瞬間、火鍋というか五香粉の香りが鼻を刺激する。それにしても、
「辣不怕 不怕辣 怕不辣」最高に素敵なキャッチコピーじゃないか。
「激辛最高!っていうか、辛くないってマジあり得なくない?」
みたいなノリなんだろう。かなり勝手なイメージだけど。

お湯を切り、付属のちっちゃいフォークでソースを混ぜ合わせる。


…白い。色が何か薄い。あの赤黒い、グツグツと
煮えたぎった麻辣火鍋の色とは比べ物にならない。
味も中途半端というか、無駄に香辛料が利いてる。
当たり前だが、5年前と同じで少しも変わってない。

そもそも、火鍋を焼そばで再現しようっていう発想自体に無理がある。
少なくとも5年前から市場に残っている事実から察すると
中国人には一定の評価を得られているようだが、
火鍋好きの日本人にとっては受け入れられるものではない。

先週買い溜めしたチートスにアテを切り替え、金曜の夜は更け行く。
2006.11.04 Saturday / 食料品・自炊 / comments(0) / trackbacks(0)
#インチキナポリタン・大盛り
さっき、上海赴任以来初めて「料理」をした。

この4ヵ月半、インスタント麺とレンジ食品以外は
ただの一度も作ったことがなかったが、帰路のバスの中で
ふと無性に料理がしたくて仕方がなくなってきた。
上海に来る前・東京勤務時代はキッチンの無い寮に住んでいたので、
大阪にいた頃以来およそ1年半ぶりということになる。

家にある食材だけで出来る最も高度な料理、それは「ナポリタン」。

<材料>
・平打ちの乾燥麺×2玉
・鶏肉ソーセージ(デンプンたっぷりの安っちいやつ)
・「辣味」トマトケチャップ
・サラダ油(賞味期限は今年の7月16日)
 
以上。麺はもちろん中華麺、塩すら無い。

<レシピ>
・まず、麺を茹でる。ナポリタンらしく、気持ちヤワ目に。
・鶏肉ソーセージを手で一口大の大きさにちぎる。
・フライパンにサラダ油を引き、ソーセージを炒める。
・ソーセージに焦げ目がついてきたところで、麺投入。
・麺が固まってなかなかほぐれない。油が少なすぎるせいもあるが、
 期限切れの油をこれ以上追加するのも何だか気が退ける。やむなく
 給水器の水を投入。ナポリタンに水入れる奴って聞いたことない。
・麺に火が通ってきたところで、ケチャップをドバっと投入。 
 
 麺のほぐれ具合は相変わらずイマイチで、「混ざり」が悪い。
 それでも懸命にほぐしたり、ケチャップを何度も追加したり
 しているうちにようやく全体に馴染んできて、完成。


誰もが知ってるあのナポリタンとは似ても似つかない
このビジュアルに、我ながら苦笑いを禁じ得ない。

気を取り直し、青島ビールを添えて、いざ実食。

「……うまい!!」意外と旨いじゃないか。
平打ち麺の食感は明らかに不自然だが、ほんの少しピリ辛な
ケチャップがいい味出してて、ちゃんと「ナポリタン」してる。
鶏肉ソーセージもチープでいい感じ。

しかし、麺2玉は多いな…。後半苦しくなってきたが、何とか完食。
--------------------------------------------------------------------------
「料理好き」のDNAが今ここに蘇ったかもしれない。
(こう見えて、学生時代は「肉じゃが」なんかも作ったりしてた。)
今度「塩」と「新しい油」と「野菜」を買って来よう。
2006.11.12 Sunday / 食料品・自炊 / comments(0) / trackbacks(0)
<< | 3/12 | >>